上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GB
こんばんは、GBです。
最近競馬に力が入っていないとご指摘頂きましたので長文で失礼します。
ナンさん軸を決めるのはこれを読んでからでも遅くないですよ。
よく読んでください。
昨年は、ビックウィークとビートブラックを含めた5頭推奨しました。下記をクリックして記事を確認ください。

2010年菊花賞血統診断1
2010年菊花賞血統診断2
2010年菊花賞血統診断3

菊花賞血統傾向(6年)

父方
サンデー系ダンスインザダーク 1、2
サンデー系スペシャルウィーク 2
サンデー系ヤマニンセラフィム 3
サンデー系アドマイヤベガ 2
サンデー系フジキセキ 2
サンデー系ミスキャスト 3
サンデーサイレンス 3、1、2、3
ロベルト系 3、3
グレイソブリン 1
ノーザンD系リファール 1
ミスプロ系 1、2
レッドゴッド系 1


母方
ロベルト系(ブライアンズタイム) 1、3
ロベルト系(リヤルシャダイ) 2
グレイソブリン 2、2
サンデーサイレンス 3、1、1、1、2
ノーザンD系ヴァイスリージェント 1
ノーザンD系エルグランセニョール 2
ノーザンD系フェアリーキング 3
ノーザンD系リファール 1
ノーザンD系ニジンスキー 2
パーソロン系 3
ミスプロ系 3
ネヴァーベント系 3


昨年記事の通りサンデー系の好走が目立つ。
昨年も3頭ともサンデーの血を持っていた。しかし、現在サンデーの血をもつ馬が多いのも事実。
昨年同様父母父からプロファイルしていく。
今年出走のサンデー系は下記
ハーツクライ(父母父トニービン)
ディープインパクト(父母父ノーザンD系リファール)
ステイゴールド(父母父ファイントップ系ディクタス)
フジキセキ(父母父セントサイモン系)
ネオユニヴァース(父母父エタン系)
マンハッタンカフェ(父母父リボー系)
ゼンノロブロイ(父母父ミスプロ系)

以上ではあるが、菊花賞といえばダンスインザダーク産駒が特注血統も今年も出走なし。
昨年同様、父母父ニジンスキー、ダンチヒ、グレイソブリン系を重視すると。
ハーツクライ産駒の活躍が見込めそうな気がする。
ハーツクライは、初年度産駒の為、過去の比較は出来ないが、好走の余地が多い種牡馬と想定したい。どこかで迷ったら迷わずハーツクライ産駒を優先したい。
ちなみに父方にはノーザンDの血(リファール)も流れており、スタミナ勝負でも十分対応できる下地はある。

血統は、あくまで一つのファクターとして見た方がいい。
今年天皇賞(春)を勝ったヒルノダムールの父はマンハッタンカフェ。母父はラムタラ。
父方がバッチリでなくても母方がスタミナ血統であれば、好走する可能性はある。

また、今年初年度産駒のディープインパクト産駒も父母父がリファールでスタミナも十分な欧州系の血統であり、好走する可能性も十分ある。

ステイゴールド産駒については、近年3頭程度出走しているが、馬券圏内に入った馬はいない。
ドリームジャーニー、ナカヤマフェスタも揃って圏外。
血統的には、父母父がファイントップ系で長距離得意な馬が多い(サッカーボーイ産駒はよく長距離で穴をあける。ヒシミラクル、ナリタトップロード、アイポッパー、マイネルキッツは母父がサッカーボーイ)。
気性的な問題もあるのか、なかなか馬券になっていない。

ネオユニヴァース産駒についてもサンプルは少ないが、印象的に重い馬場で活躍するタイプが多い。ヴィクトワールピサ、ロジユニヴァース、アンライバルド。
ネオユニヴァース自身も菊花賞3着、天皇賞(春)10着とステイヤーとは言いにくい。

ゼンノロブロイ産駒もサンプルが少ない。昨年もトレイルブレイザーが穴人気したが、結果9着。ゼンノロブロイ自身菊花賞4着、天皇賞(春)2着もイングランディーレより1.1秒も劣る2着とそこまで長距離で強調できない。

ここからは各馬の一言コメントを記載します。

①トーセンラー
父ディープインパクト→○
母父ミスプロ系
母母父がサドラーズウェルズ、リファールの4×4インブリード、ノーザンD5×5×4インブリードからもスタミナ面に不安はない。
血統的には、抑えたい1頭。

②ルイーザシアター
父ハーツクライ→◎
母父ミスプロ系
母方ミスプロ系でインパクトは弱い。ミスプロ系についてはサンデーの血+αがほしい。

③スーザングレート
父キングカメハメハ(ミスプロ系)→○
母父サンデーサイレンス
母母父パーソロンですが、全体的に地味。

④ユニバーサルバンク
父ネオユニヴァース→○
母父クラリオン系
母方はクラリオンの血が濃い感じ、父はスタミナがありそうな感じはある。そこまで押せないが、馬場が渋れば可能性はある。
クラリオン系は近年馬券になっていない。

⑤フェイトフルウォー
父ステイゴールド→○
母父メジロマックイーン(パーソロン系)
オルフェーブルと同じ父、母父だが母母父が、ニジンスキー(オルフェーブルはノーザンテースト)。スタミナではこちらの方が優位かも。

⑥シゲルリジチョウ
父グラスワンダー→○
母父サドラーズウェルズ(ノーザンD系)
父ロベルト系は、3着が近年最高。サンデーの血が入っておらず割引。

⑦ゴットマスタング
父フジキセキ→○
母父サドラーズウェルズ(ノーザンD系)
母母父がダンシングブレーヴ(ノーザンD系リファール)であり重厚な欧州血統。父フジキセキは、長距離イメージがないが、母父トニービンだと可能性は高くなる(ドリームパスポート→菊花賞2着、阪神大賞典2着、キタサンアミーゴ→ダイヤモンドS3着)

⑧ベルシャザール
父キングカメハメハ(ミスプロ系)→○
母父サンデーサイレンス
昨年のローズキングダムと同じような配合。母母父セクレト(ノーザンD系)。ローズキングダムは、母母父シェリーハイツ(ネバーベンド系)。
ローズは、ノーザンD及びミルリーフのインブリード。ベルシャザールは、ノーザンDのインブリードのみ。ローズよりは押しにくい。

⑨ダノンミル
父ジャングルポケット(グレイソブリン系)→○
母父サンデーサイレンス
母母父セントサイモン系。母は、フジキセキと同じ配合(母の母はフジキセキの母)。ゴットマスタングの欄にも書きましたが、フジキセキ×トニービンは長距離OK。間接的にそれをクリアー。

⑩ロッカヴェラーノ
父マンハッタンカフェ→○
母父ロベルト系
菊花賞3着のロックドゥカンプの父レッドランサムも入っているが、強調できる部分が少ない。

⑪サダムパテック
父フジキセキ→○
母父エリシオ(ノーザンD系)
母父が、グレイソブリン系でないのが残念だが、母方でどれくらいのスタミナの補完があるか疑問が残る。

⑫ハーバーコマンド
父マンハッタンカフェ→○
母父グレイソブリン系
母方にボールドルーラー、ニジンスキー、ネバーベンドも入っておりスタミナはありそう。

⑬ウインバリアシオン
父ハーツクライ→◎
母父ストームバード(ノーザンD系)
母方は短距離血統に見える。血統的には父方は押せるが母方は押しにくい。

⑭オルフェーブル
父ステイゴールド→○
母父メジロマックイーン(パーソロン系)
母父も長距離得意な馬でした。ノーザンDの血も入っており血統的には押せる一頭ですが、過去に父の長距離実績が無いことが気がかりです。

⑮サンビーム
父ネオユニヴァース→○
母父ボールドルーラー系
母母父ダンチヒでバランスは良さそうだが、強調しづらい。

⑯ダノンマックイン
父ハーツクライ→◎
母父ノーザンテースト
母母父リアルシャダイで長距離OK。血統的には押せる配合。

⑰フレールジャック
父ディープインパクト→○
母父ヌレイエフ(ノーザンD系)
母母父レッドゴット系。ノーザンDのクロスもあり悪くない配合ではあるが強調できる部分はあまりない。

⑱ショウナンマイティ
父マンハッタンカフェ→○
母父ストームキャット(ノーザンD系)
母父は短距離イメージが強い。母母父リボー系。そこまで押しにくい。


過去5年クロス血統

近5年で下記クロスが無かったのは、ドリームパスポートとアドマイヤメインのみ。

ノーザンDのクロス有
ビックウィーク
ローズキングダム
フォゲッタブル
オウケンブルースリ
アサクサキングス
アルナスライン
ソングオブウィンド

ヘイルトゥーリーズンのクロス有
ビートブラック
スリーロールス
セイウンワンダー
フローテーション
ロックドゥカンプ
アドマイヤジャパン

グレイソブリンのクロス有
ナムラクレセント

クロスなし
ドリームパスポート
アドマイヤメイン


今年の出走馬

ノーザンDクロス
ウインバリアシオン
オルフェーブル
ゴットマスタング
シゲルリジチョウ
スーザングレート
ダノンマックイン
トーセンラー
フェイトフルウォー
フレールジャック
ベルシャザール
ルイーザシアター

ヘイルトゥーリーズンのクロス
ゴットマスタング
サンビーム
シゲルリジチョウ
ダノンマックイン
フレールジャック
ロッカヴェラーノ

どちらかというとヘイルトゥーリーズンのクロスの方が、激走馬が多い。
両方のクロスを持つゴット、シゲル、ダノンマックイン、フレールジャックが良さそう。


血統からの結論

ダノンマックイン(父、母父からも押せる)
ダノンミル(グレイソブリン×サンデーは菊花賞血統。フジキセキ×グレイソブリンの実績からも押せるはず)
トーセンラー(父の初年度産駒ではあるが、母系良好)
ユニバーサルバンク(馬場が渋れば血統が生きそう)

基本パターンとして3頭を推奨。馬場が渋った場合(重馬場以上)のみ4頭を押す。


血統はあくまで馬券を買う時の一つのファクターでしかありません。
展開、馬体重、騎手などのファクターを入れて最終買い目を決めたいと思います。


では、皆さんのご武運を祈っております。
長文にお付き合いありがとうございます。
読み終わったらクリックお願いします。



以上、GB
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nanaka09.blog57.fc2.com/tb.php/740-883e213c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。