GB
天皇賞(春)血統

競馬の面白さは血統という人も多いと思う。
近年クラシックディスタンスまでが重要視されてきており、且つスピード競馬の為、長距離血統をもつ馬が少なくなった。メジロ牧場の解散が如実にそれを表している。
長距離G1は、菊花賞と天皇賞(春)のみこう言うときだからこそ血統から馬券を買ってみたいと思う。
ちなみに昨年菊花賞は、血統で6頭選び馬連を購入したが、結果1着、3着、4着、5着、6着、14着であった。2着のローズキングダムを軸にしていれば3連複4万は取れていた・・・。
馬券は外れてしまったが狙いは良かったと思う。

父サンデー系の扱い
サンデーサイレンス直子がいない現在、サンデーサイレンスを父の父に持つ馬が非常に多い。その中でも長距離が得意と思われる馬とそうでない馬をわけたのが昨年の菊花賞での血統傾向である。(是非確認してほしい)
各馬について、コメントを記載する。

ビートブラック
菊花賞での推奨済。父は無名も父母父トニービン。母父ロベルト系。母母父レッドゴット系でスタミナ十分。
5代前までノーザンDの血は入っていない。

ヒルノダムール
父マンハッタンカフェは、自身で菊花賞を勝っているが産駒についてはそこまで長距離がいいと思える馬は少ない。昨年3着に入っている為、注意は必要。
血統的には、母父ノーザンD系ニジンスキーが支えになっており、3200Mが持たないと思えないが、そこまで血統的には押せる材料は少ない。
菊花賞の最後の伸びは良かったのでこの人気なら押さえで買ってもいいかも。
5代前までノーザンDの血が入っている。4×5。

ナムラクレセント
08年菊花賞3着馬。父母父ダンチヒでサンデー系では買える1頭。母系は日本古来の血統であり、力の要る馬場、スタミナは十分と想像される。(グレイソブリンの5×5もあり)
得てしてこの日本色の強い馬は、重馬場は得意と思われる。
ちなみに母父サクラショウリは、菊花賞5着、天皇賞(春)2着。
5代前までノーザンDの血が入っている。4。

ローズキングダム
菊花賞2着馬。まず父キングカメハメハは、トゥザグローリーと同じで父母父ノーザンD系ラストタイクーンでノーザンDの血あり。
母母父ネヴァーベント系でスタミナは十分ありそう。しかしこれぞ長距離血統という感じではない。
菊花賞を制した同じミスプロ系のソングオブウィンドのように父の母父がサドラーズウェルズというような感じだとなおいいが、そこまでではない。
5代前までノーザンDの血が入っている。5×5×5。

ジェントゥー
父ロベルト系。父母父ノーザンD系ヌレイエフ。
母父ネイティブダンサー系、母母父レッドゴット系。
特筆して長距離がいいと思える血統ではない。日本の長距離でおなじみのリアルシャダイも父ロベルト系の為、そういった面からは押さえることも可能だが、馬場が相当渋った場合は押さえたいが、日本の長距離が合うようには思えない。
5代前までノーザンDの血が入っている。4×5。

ペルーサ
父ゼンノロブロイもそこまで産駒は走っていないが、長距離で押せる馬ではないと思っている。ゼンノロブロイ自身は菊花賞4着、天皇賞(春)2着。
母父レッドゴット系、母母父ハイペリオン系で特筆すべき点は少ない。
5代前までノーザンDの血が入っている。5。

マカニビスティー
父はペルーサと同じゼンノロブロイ。母父ロベルト系、母母父ノーザンD系ヴァイスリージェント。
母系は、まとまった感はあるが、父系は押せない。
5代前までノーザンDの血が入っている。5。

マイネルキッツ
昨年2着、一昨年1着。言わずもがな長距離得意。
父ノーザンD系ダンチヒ、母父ファイントップ系。ともに長距離得意。
血統的にも実績的にも十分押せる。父産駒のトウカイメロディが昨年菊花賞で人気したのも記憶に新しい。
5代前までノーザンDの血が入っている。4×5。

トゥザグローリー
父キンカメ。ローズキングダム参照。
母父サンデーサイレンス、母母父ノーザンD系ヌレイエフ。
ローズキングダム同様、血統的に長距離得意とはいいにくい感じはある。どちらかというとローズの方がいいように思う。
5代前までノーザンDの血が入っている。4×5×5。

トーセンクラウン
父ノーザンD系サドラーズウェルズ。母父ノーザンD系リファール。
欧州血統であり、血統的には長距離こなす可能性は高い。また、重い馬場も得意としており、血統的にはお勧めできる。
5代前までノーザンDの血が入っている。3×4。

ゲシュタルト
父マンハッタンカフェは、ヒルノD参照。
母父ミスプロ系は減点も母母父がサドラーズウェルズで若干はカバーできている。父が押せないので、血統的には厳しい。
5代前までノーザンDの血が入っている。4×5。

コスモヘレノス
父ロベルト系。父母父ノーザンD系ダンチヒ。
母父ノーザンD系フェアリーキング。母母父ミスプロ系。
母母父以外は、好内容。一発秘めた感じ。近年天皇賞(春)ではロベルト系の活躍は皆無、菊花賞では3着までとあまり活躍がないのは気になるが、血統的には本命ではないが押せる1頭。
5代前までノーザンDの血が入っている。4×4。

ジャミール
父サンデー系、父母父ファイントップ系であり長距離はOK。
母父ノーザンD系サドラーズウェルズ、母系にグレイソブリンも入っており長距離でこその馬。血統的には狙ってもいい馬。
5代前までノーザンDの血が入っている。3×5。

トウカイトリック
父ミスプロ系、父母父ノーザンD系サドラーズウェルズ。長距離血統。
母父ロベルト系。父系は長距離も母系がパンチ不足。押さえてもいいかなと思える血統背景。
5代前までノーザンDの血が入っている。4×5。

エイシンフラッシュ
父ミスプロ系。キングマンボも後継者はキングスベストかキングカメハメカというイメージ。父母父がテディー系でチョイ地味。
母系は、ドイツ血統でなんとも言いがたい。長距離で押せるとも言い辛い。
5代前までノーザンDの血が入っている。5。

オウケンブルースリ
08年菊花賞馬。父グレイソブリン系、父母父ノーザンD系ヌレイエフ。
母父ノーザンD系ヴァイスリージェント。母母父もノーザンD系。長距離は良さそう。
5代前までノーザンDの血が入っている。4×4×5。

フォゲッタブル
09年菊花賞2着。
父サンデー系、父母父ノーザンD系ニジンスキー。
母父グレイソブリン系、母母父ノーザンD系。
父は、長距離サンデー系の代名詞ダンスインザダーク。母父もスタミナ十分で血統的には押せる1頭。
5代前までノーザンDの血が入っている。4×4。

コスモメドウ
父キングスベストでエイシンフラッシュと同様。
母父ノーザンD系サドラーズウェルズ。母母父ノーザンD系リファール。
父方をどうとらえるかだが、母系は非常に優秀。恐らく重い馬場も得意であり、一発はある。
5代前までノーザンDの血が入っている。3×5×5。

血統推奨馬
ビートブラック
ナムラクレセント
マイネルキッツ
トーセンクラウン
コスモヘレノス
ジャミール
オウケンブルースリ
フォゲッタブル
コスモメドウ

ちなみに5代前までにノーザンDが入っていないのは、ビートブラックのみ。
少し多くなったが、一番お勧めは、マイネルキッツ。
あとは各馬の調子含めて最終結論を出していきます。


読み終わったらクリック!!


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nanaka09.blog57.fc2.com/tb.php/588-704f04d0