上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、腐った蜜柑です。
早速、キーランドCの過去4年の傾向です。

血統傾向


サンデー系 1、3、3
日本型プリンスリーギフト系サクラバクシンオー 2
日本型プリンスリーギフト系サクラユタカオー 2
ノーザンD系ヌレイエフ 1
ノーザンD系ダンチヒ 2、1
レッドゴット系 3
インテント系 1
リボー系 3
ロベルト系 2
ミスプロ系 3


母父
ミスプロ系 1、3
クラリオン系 2
ノーザンD系ヴァイスリージェント 3
ノーザンD系ニジンスキー 1
ノーザンD系 2
グレイソブリン系 2
ネヴァーベント系 1
ターントゥ系 2、1
サンデー系 3

大きく目立った傾向はないようですね。
過去4年で馬券対象になったのは、牡馬が6頭、牝馬が6頭。
出走頭数から考えても牝馬優勢ですね。

脚質傾向

09年 先行、先行、差し (最初の3ハロン 33.8)
08年 先行、逃げ、差し (最初の3ハロン 33.9)
07年 先行、差し、差し (最初の3ハロン 33.9)
06年 差し、先行、差し (最初の3ハロン 33.5)

やはり電撃戦らしくスタート後最初の3ハロンで先行馬有利になるか、差し馬有利になるかがポイントになりそうです。
基本路線は、1、2着が先行馬で3着に差し馬という感じです。

枠順(馬番)

09年 11、7、12
08年 5、13、2
07年 14、11、7
06年 16、14、2

内枠有利かと思いきや案外外枠の方が来ていますね。


出走メンバーは決まっていませんが、案外先行争いが激化しそうなメンバーですので差し馬の弾頭がありそうな気がします。
週末までに穴をあけそうな馬を探していきたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nanaka09.blog57.fc2.com/tb.php/203-7cd58ec6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。